トム通信工業株式会社
スマートウェーブ・テレコミュニケーションズ社

TM-V750A01

特長

TM-V750A01トラック取付写真

ワイドビュー&高精細HD映像

  • 水平180度の超広画角で、側面の出会い頭の衝突なども
  • 前方200万画素の鮮明な映像で車両ナンバーも記録
    ※ 撮影条件によります

昼間 逆光モード

夜間 モード(信号機色の見え方)

夜間 モード(ナンバーの見え方)
※ 写真のナンバーは下2桁のみ表示しております。

業務仕様

  • 本体前方カメラに、室内・車外2種のカメラ2台まで増設可
    • 本体搭載センサー
      GPS、加速度センサー、音声
  • ブレーキ、ウィンカー、速度、GPS情報をセットで記録
    • 接点入力情報(車両信号への施工が必要です)
      速度、ブレーキ、ウィンカー、イベント
  • 100時間以上の記録を実現
    ※例:室内カメラ1台増設、SDメモリ256GB、画質Lモードの場合など

本体に設定可能な項目は以下の通りです 。設定方法については、ビューアーソフトの取扱説明書をご参照ください。
項目 内容
イベント設定 急ブレーキ 判定閾値を1~10の10段階で設定できます。
急加速 判定閾値を1~10の10段階で設定できます。
急ハンドル 判定閾値を1~10の10段階で設定できます。
速度超過 判定速度を120km/hまで10km/h毎に設定できます。
アイドリング時間 判定時間を分単位で設定できます。
動作設定 画質 低(L)、中(M)、高(H)の3段階から設定します。
音声録音 録音の有無を設定します。
危険運転警告音 警告音の有無を設定します。
録画停止タイマー 180分まで1分単位で設定できます。
車速係数 車種に合わせ1~99の範囲で設定します。
時刻設定 GPS受信環境にない場合に、本体の時刻を設定します。

長時間録画

最大256GBのSDカードにも対応しており、長時間の映像記録が可能です。例えば、低画質モードでオプション2カメラで接続時で75時間、
オプションカメラ接続なしであれば、227時間の記録が可能です(記録時間は目安です。)

録画時間の目安
  • SD カードに記録できる時間は、画質設定やオプションカメラ接続台数により異なります。
    画質設定については、ビューアーソフトの取扱説明書をご参照ください。
  • 録画時間は目安です。撮影する画像状況等によって録画時間は変わります。
録画時間一覧

Simple Viewer IV (TS-V750A01)

記録された検証に必要な的確な映像と情報を表示します。

専用ビューアーソフト(SimpleViewer Ⅳ)
カメラ映像と各種記録を確認する専用ビューアーを用意しております。

運転診断結果画面
急加速・急ブレーキ、急ハンドル・速度超過・アイドリング時間の五項目の運転分析を行い、総合運転診断ができます

危険予知訓練(KYT)シート
記録した映像から危険予知トレーニングシート(KYTシート)を作成することができます。

※ 画像は解説用のハメコミを含みます。このため実際のビューアー映像とは異なります。
※ 本ビューアーソフトはWindows10、64 ビット対応のパソコンが必要となります。