トム通信工業株式会社
スマートウェーブ・テレコミュニケーションズ社
トップ業種・業界ご提案運輸・物流(近距離配送)

配送を担うトラック、軽貨物、バイクに役立つIP無線機

ジャストインタイム(JIT)配送での導入効果

【現在の課題】
従来の無線機では、都市部のビル群で不感地帯が発生することも多く、商業施設の構内や地下施設などでも通信不能となり確実に連絡を取り合うことができませんでした。

また、顧客からの問合せや急な集荷や配送の要請が寄せられた際には、運行管理者は配送車の位置や状態を把握するために、ドライバーに通話による問合せを都度行わなければならず、顧客への返答や、収集や配送の段取りの調整には時間を要しました。

こうした課題をスマートウェーブのIP無線ソリューションは解決できます。
トラックと無線機

ビル群の中や商業施設構内でも通信が可能

スマートウェーブの車載型IP無線機(SV-2000)や携帯型IP無線機(SK-5000)の導入により、NTTドコモの携帯電話(3G/LTE)が通じるエリアであればどこでも通信が可能となります。 このため、多くの商業施設の構内でも通信が可能となります。例えば構内での搬入・搬出作業中にも連絡が取れるようになります。

携帯電話も多くの商業施設内で通話が可能となりますが、法令改正により運転中の携帯電話の使用は厳罰化されており、運行管理者が携帯電話を使って配送車に連絡を行うことは望ましくありませんでした。
また、携帯電話は一対一での情報伝達しかできませんが、IP無線であればグループ通話機能により、関係者で情報を共有することができます。これにより組織として問題解決やサービス向上に取り組むことができるようになります。

IP無線機は構内でも送受信可能
商業施設の構内でも連絡が取り合えるIP無線機

配送トラックの位置をリアルタイムに把握

GPSを利用した動態管理システム(iGPS7plus)も導入することで、トラックの位置や状態が、運行管理者のPC画面の地図上にリアルタイム(15秒毎に更新、及び、通話の都度)に表示されるようになります。

iGPS7plusは、通話してきた車両を地図の中央に表示する機能があるため、運行管理者は瞬時に通話してきたドライバーの位置を把握した上で応答することができます。

また、iGPS7plusは、車両の状態を最大20色に分けた表示も可能です。これにより、全てのトラックの状態を一目で確認できるようになります。

運行管理者はリアルタイムに車両やドライバーの位置や状態を把握できるため、その情報に基づく適確な指示を出すことができるようになります。ドライバーまかせではなく運行管理者を中心とした組織的な活動でジャストインタイム(JIT)配送などの荷主の期待に応える配送サービスを円滑に実現にIP無線機は貢献できます。
IP無線の動態管理
位置がわかると、運行管理者はより適切な対応が行える。

IP無線の状態管理
状態がわかると、運行管理者はより適切な対応が行える。

リアルタイムな把握は、業務の効率化に貢献

リアルタイムに把握・指示を出すことができる機能は、運行管理者が新人ドライバをサポートして即戦力化することにも有効です。業界の課題である「運行の担い手不足」の課題解決の一助にもなります。

また、運行管理者は各トラックの位置と状態が把握できているため、「帰り便」の運送を受託しトラックの稼働効率を高めることにも可能となります。この際、出発時には予定されていなかった拠点に、追加連絡で立ち寄ることになるドライバーを運行管理者はサポートすることができます(状態管理で、動態管理で、音声で)。

運行管理者は、トラックの到着時間(集荷、配荷)を確認でき、必要であればサポートを行うことができるので、顧客の信頼を得る運輸サービスが行えるようになります。

動態管理・状態管理のデータは1年以上の記録を蓄積できるため、無駄な待機時間を削減することや配送ルートの見直しによる効率化・迅速化の検討が可能となります。車両の削減や庸車の活用なども検討できます。
また、ドライバーに対する安全指導などにも有効であり、不測の事態の発生後には再発防止や問題解決のためのエビデンスとしても活用できます。
IP無線のボタン操作で状態報告
車両の状態を通話せずにリアルタイムに伝達できる。

SV-2000はタッチパネルも接続可能
タッチパネルもトラックと運行管理者間の情報連携に有効

安全対策にも有効な無線機

SV-2000は、気象庁や自治体が発信する緊急速報受信機能を搭載。運転中に緊急速報が受信できることで、地震による強い揺れがはじまる少し前に危険回避の対応・行動に移ることができます。
さらに、緊急速報を聞いたドライバーが運行管理者に『その後の対応の支援』を求めてきた際には、運行管理者はiGPS7plusで車両の位置や状態をリアルタイムに把握できていることで適確な指示を出すことができます。

動態管理、状態管理のPC表示を事務所の大画面モニターにて表示することで、事務所の全ドライバーの意識を高める効果も期待できます。
このようにスマートウェーブのIP無線機は、ドライバーと車両の安全向上にも貢献することができる無線機です。
緊急速報受信でトラックを安全に停車
地震波が来る前に車両を安全に路肩に寄せて停車

安心の定額料金

スマートウェーブのIP 無線は通話量が増えても追加費用が発生しない定額料金なので、費用を気にする必要がありません。※1
また動態管理システムを利用しても追加費用は発生せず、位置を把握したい無線機が増えても費用は変わりません。※2
※1 ドコモビジネストランシーバは、料金体系が異なります。
※2 iGPS7plus 利用の場合。ただし管理PC 一式の備品の初期費用は必要です。

お客様の声の例

  • 携帯電話でドライバーの呼び出しを行っていた時は、トラックの状況把握に時間がかかっていたが、IP無線機と動態管理システムの導入により、車輌がどこにいても状況が把握ができるようになった。
  • 夜間配送時にトラブルを起こしたトラックに対して、トラックの位置がリアルタイムに把握できていたことで、冷静にドライバーのサポートを行うことができた。

ご採用事例のご紹介

  • 動態管理で業務の迅速化
    サンコー運送株式会社(大阪)様

    定時配送の約束に応えるIP無線ソリューション

    詳細
  • 株式会社KSG(富山)様

    食品及び一般商品の全国配送業務の効率化に活躍

    詳細
  • 天野運送株式会社(東京)様

    お客様に正確に運行状況をお伝えすることができ、ドライバーのストレスフリーな運行を実現

    詳細