トム通信工業株式会社
スマートウェーブ・テレコミュニケーションズ社

現場と「繋がる」、「見える化」ができるIP無線機

【現在の課題】

スプリアス(不要電波)発射が基準に適合しない従来の無線機は今後使えなくなる予定です

防災行政無線を更新していくことが求められております。しかし、防災行政無線の移動系システムをデジタル防災無線に切り替える場合は、自営無線の設備や無線機の更新にかなりの費用を必要とします。
防災行政無線システムを、業務無線や簡易無線に切り替える選択は、遠距離に伝達できない点や施設構内への連絡が困難な点に課題があります。
また、スマートフォンで連絡を取り合う方法には様々な課題がある(一斉連絡ができない。運転中の連絡も困難。電話連絡(回線交換方式)は輻輳の恐れが高い)ため、これを主要な連絡手段とすることは適切とは言えません。
さらに、情報収集のIT化が進められない無線システムでは、現場の最新状態の把握に時間を要するため、迅速に適確な判断を行うことが困難になってしまいます。
そこで、IP無線機を活用いただく提案をさせていただきます。
防災写真

ポイント1

不感地帯の解消(市民生活圏での不感地帯は少ない)

スマートウェーブのIP無線システムはNTTドコモの通信網を利用します。山間部やビル構内・地下街などでも通話が可能であるため、従来の防災行政無線機では通話が困難であった不感地帯の多くを解消できます。クリアな音質でよって確実に連絡が取れるようになります。
また、自営で無線設備を新設する必要がないため、導入コストを大幅に抑えることができます。インターネット環境に依存しない閉域網でシステムを構築できることからセキュリティの高さの点でも安心感が高いインフラとなっております。 さらに、追加機器の導入により通話の記録を行うことも可能です。




山間部でも不感地帯を大幅に解消
ポイント2

動態管理:職員の位置をリアルタイムに把握(職員の安全を見守り)

動態管理システムを追加導入することで、防災対策をリアルタイムに「見える化」することができるようになります。 具体的には、IP無線機を持った職員や消防団員の位置は、15秒ごとの更新で本部のPC画面にリアルタイムに表示されます。
この機能によって本部は、現場に向かった職員の動向や安全を逐一見守ることができます。 さらに、必要に応じて本部から現場の職員や消防団員に音声による指示を出すことで、現場に向かう職員や消防団員を迅速・適確に誘導すること、危険回避の指示を出すことが可能となります。
なお、このシステムは専用PC一式程度の導入で手軽に実現できます。また、IP無線機の台数に応じた追加課金もありません。


 動態管理の仕組みを
  映像でご紹介
ポイント3

状態管理:避難所の状況を一元的に把握(支援の優先順位が見える)

避難所の職員はIP無線機のボタン操作によって、避難所の準備状況や混雑状況などの情報を本部に通話することなく報告を行うことができるようになります。 この情報は本部のPC画面上に一覧表示されます。
この機能を運用すれば、本部と各避難所との間での口頭による確認作業を行う必要がなくなります。双方の負荷軽減と情報収集の迅速化が可能となります。
各避難所の最新状態が色別で一覧把握することができるようになることから、責任者は迅速に適確な判断を下せるようになります。


 状態管理の仕組みを
  映像でご紹介
ポイント4

頑丈設計の安心の無線機

携帯型IP無線機SK-5000は、防災用途の運用には欠かせない堅牢性を保持しています。
国内主要メーカーが製造しているIP無線機では、最も高い堅牢性が得られるよう、耐落下試験、防塵防水試験をクリアする頑丈な設計が行われております。
詳しくは、携帯型IP無線機SK-5000の特長 をご覧ください。
また、従来の多くの携帯型の防災行政無線機よりもSK-5000は小型である点も現場からは「取り回しが良い」と好評です。


自治体でのIP無線ソリューションの活用事例

  • 富岡市(群馬)様

    消防団の連絡手段にドコモビジネストランシーバを導入

    詳細
  • 花巻市消防本部(岩手)様

    デジタル無線の不感地帯解消のため、IP無線機を導入。円滑な連絡体制の構築が実現しました。

    花巻市消防本部様WEBページ
  • 白鷹町 建設水道課(山形)様

    特長ある新庁舎を活かす無線機の連携運用

    詳細