トム通信工業株式会社
スマートウェーブ・テレコミュニケーションズ社
トップ導入事例有限会社 松尾建材様

生コン業界におけるIP無線ソリューションの活用事例

生コン車の位置や状態を把握する動態管理システムと、
生コン出荷管理システムを連携させて、業務の効率化を実現

生コン
有限会社 松尾建材様
IP無線と生コン業務システムが連動することで
  • 生コン出荷管理システムとの連携で業務効率を向上
  • 独自のシステム連携の開発も可能(例=Googleマップ利用)
  • 共同販売にも連携システムを導入すれば、さらに効果的
 動態管理システムiGPS7plusは外部システムとのデータ連携が可能。この特長を活かして、生コンの生産&出荷管理のシステムとして実績があるハカルプラスとの連携を実現。
 組合全体でこうした取り組みを行うことは、業界全体の効率向上や顧客や行政から信頼される生コン供給体制の構築を目指した取り組みに発展していく礎にもなる。
  • 課題
    生コン業界は、品質や価格が統一されているため、事業発展の成否は、①生コンの生産・出荷、②生コン車の運用(配送)の両方を効果的に効率化していくことが鍵となってくる。
  • 解決策
    今まで以上の業務効率化を実現していくために、生コン出荷管理システムと、生コン車の位置や状態を把握する動態管理システムを連携させる仕組みを構築した。
  • 評価
    生コン車が生コン工場に到着すると、生コン出荷管理システムに、生コン車の到着情報が自動的に入力され、省力化できるようになった。特に繁忙期には効果を実感。

背景


有限会社 松尾建材
代表取締役 松尾 昭 様
 生コンクリートは、一定時間以内に現場で打設作業を行う必要があるため、生コン車と生コン工場の事務所の間でいつでも連絡を取り合うことができるよう、無線機を以前から利用していました。

 より良い共同販売の実現に向け、組合で共通システムの導入を検討し、さらなる品質の向上、業務の効率化を目指して、当社では、生コン出荷管理システムと、生コン車の動態管理システムをデータ連携させるべきだと考えました。(有限会社 松尾建材 代表取締役 松尾 昭 様)

経緯


システム連携により、生コン車の帰着状況(位置把握)が自動的に、出荷管理システムの画面に伝達される
 生コン出荷管理システムにはハカルプラスの出荷管理システムを、動態管理システムにはスマートウェーブのIP無線システムを選択しました。
 システム連携に難色を示すメーカーもある中で、スマートウェーブは速やかに両者の連携を具体化してくれました。これが両者導入の決め手となりました。これによって生コンの生産から出荷、納品までの業務効率を一層高めることができるようになりました。(松尾様)

導入効果


有限会社 松尾建材 多和工場
営業サポート 松井 千佳 様


本社工場では、Googleマップ(航空写真)も表示して生コン車の誘導に利用
 多和工場で、営業サポートを行う 松井 千佳 様は、以下のように、システム連携の効果を語られます。
 以前は、生コン工場に帰着した生コン車を目視で確認して紙に記録しながらの管理をしていたり、ドライバーへの声掛けなどで生コン車の帰着状況を確認をしていました。しかし、このような運用は効率的とは言えず、次の生コン出荷に向けた業務効率が低下してしまうこともありました。特に繁忙時には、業務効率が低下してしまうことは避けられませんでした。

 これに対し、連携システム導入後は、生コン車が帰着すると自動的に画面上に帰着した生コン車の番号が帰着時間と共に表示されるようになったため、生コン車の帰着状況の把握が人手による手間を掛けなくても、漏れなく確実に把握できるようになりました。これにより、繁忙期でも次工程の業務効率を低下させることがなくなり、お客様対応もより適確にできるようになりました。

 松尾建材様では、さらに業務システムの改善を続けています。例えば、Googleマップに生コン車の位置を表示できるような独自のシステム開発も行いました。生コン車は、道路地図に細かく記載されていないような現場に行くこともあるため、Googleマップの航空写真も使えるようにしたことで、より適切な指示を生コン車に出すことができるようになりました。(松尾様)
 今後も継続的に改善を行い、生コンの生産から納品までをデータで記録する「見える化」を進め、業界全体の効率向上や顧客や行政から信頼される生コン供給体制の構築を目指していきたと考えています。(松尾様)

松尾建材様での事例から、生コン業におけるスマートウェーブの
IP無線ソリューションの導入効果を、以下の3つの視点で説明させていただきます。

生コン車の適確な位置や状態の把握は、生コン工場の業務効率向上にも寄与

 スマートウェーブのIP無線機は、15秒毎に位置情報を発信し、かつ通話の都度にも位置情報を発信するため、動態管理システムiGPS7plusの画面上にてリアルタイム性の高い位置把握を行うことができます。
 そして、iGPS7plusから他のITシステムにデータを転送することで、さらなる業務の合理化や、対応の迅速化を進めていくことが可能です。
 生コンの生産管理・出荷管理システムとして実績のあるハカルプラス製品との連携によって、生コンの生産・出荷の業務の効率化、生コン車の運用の効率化にも効果をもたらすことが期待できます。

動態管理システムの地図上に、出荷管理システムからデータ連携で入手した情報を表示させることもできる。

2つのシステムの画面を見比べる煩雑な手間が解消され、スタッフの迅速・円滑な業務遂行をサポートできるようになります。

テンキーマイクや、接点情報による状態報告も可能

 スマートウェーブのIP無線機はテンキーマイクの活用で、簡単な操作により状態報告(例=到着、荷下完了)を伝達することが可能です。

 また、車載型IP無線機SV-2000は、接点情報を取り込むことも可能。生コン車に装備された装置を操作した情報を、自動的に収集して事務所に伝達することも可能です。もちろん、生コン車のダッシュボード上に「押しボタン」を設ければ、各社の事情に応じた様々な状態報告を簡単な操作で行うこともできます。

 テンキーマイクは、簡単な操作で他事業者の生コン車とも通話を切り替える運用に利用することができる機能もあります。この機能は、共同販売を行う場合に便利です。
①状態報告:テンキー操作 ②状態報告:接点情報(ボタン、ドア開閉、機器操作など最大16入力)

携帯型IP無線機やスマートフォンの利用も可能

 スマートウェーブのIP無線システムは、用途に応じて、端末を選ぶことができます。
 頑丈な携帯型IP無線機SK-5000は、生コン工場の事務所や施設構内での活用にも適しています。また、車載して運用する場合も、これをサポートするオプションが用意されています。  また、スマートフォンをIP無線機として運用するアプリケーションも用意されていますので、補助的に運用する端末を広げることも可能です。

松尾建材様では、事務所スタッフは携帯型IP無線機SK-5000も利用
網カゴに充電スタンドを設置
※Googleマップ、は、Google LLC の登録商標です

ご採用商品紹介

連携システムご紹介



生コン出荷管理システムなどのハカルプラス株式会社製の情報はこちらをご覧ください。

類似事例のご紹介(生コン)

  • 株式会社 レミックマルハチ様

    生コンの製造から納品までの流れをIP無線システムで効率化

    詳細
  • 株式会社 丸代様

    生コン車との通話と適確な位置把握で、庸車を含めた迅速な配車を実現

    詳細
  • 大成生コンクリート株式会社(広島)様

    生コン車をIP無線と動態管理でフル活用して業務効率を向上

    詳細
  • 株式会社桑原コンクリート工業(福島)様

    生コンクリートは時間との勝負
    生コン配送現場まで車両の安全面とお客様への安心感をGPS無線機で実現

    福島情報機器(株)様の
    事例紹介ページ
  • 川崎宇部生コンクリート株式会社(神奈川)様

    お客様にタイムリーな情報伝えることで、建設工事の円滑な進捗に貢献

    詳細
  • 下呂生コンクリート株式会社(岐阜)様

    見える化とコミュニケーション向上で業務の効率化に成功

    詳細