トム通信工業株式会社
スマートウェーブ・テレコミュニケーションズ社
トップ導入事例大成生コンクリート株式会社様

生コン業界におけるIP無線ソリューションの活用事例

IP無線機と動態管理システムで生コン車を効率的に運用

生コン業界
大成生コンクリート株式会社様
生コン協同組合の各社がスマートウェーブのIP無線システムを導入したことにより、以下の経営効果を得られました。
  • 生コン車と確実に通話できる
  • 全ての生コン車の位置をリアルタイム把握
  • 簡単切替で共販の通話も円滑に可能
生コン車と工場の間で、確実で円滑なコミュニケーション手段が確立されたことで、業務の効率化と迅速化が実現できました。
  • 課題
    従来の無線機は通話エリアが狭く、生コン車が帰ってくるまで次の準備を進められず、生コン製造販売の効率を高められなかった。
  • 解決策
    IP無線機と動態管理システムで生コン車と工場の間で常に連絡が取れるようにし、かつ、位置をリアルタイム把握できるようにした。
  • 評価
    現場の状況が「見える化」されたことで、先手の対応が取れるようになり、業務の効率化が進んだ。顧客対応力も向上した。

大成生コンクリート株式会社
工場長 垣内 伸也 様

背景

「以前は業務用無線を使っていました。しかし、業務用無線は山を越えると電波が届かないため、生コン車と連絡が取れず、現場の状況を工場側で把握できないのが実情でした。」(大成生コンクリート株式会社 垣内 伸也 様)
このため、生コン車が帰ってくるまで、次の手配ができず生コンの製造販売に不効率な点が避けられなかったとのことでした。

経過

「そこで無線機の更新タイミングで、IP無線機を導入しようと考えました。その中でも共同販売事業を円滑に行うために、組合に参加する各社が必要により円滑な連絡を取り合うこともできる無線機を選ぶことにしました。」(垣内 様)
その結果、スマートウェーブのIP無線機を大成生コンクリート様のみならず、尾道生コン協組全体で導入することになりました。
また、IP無線機と共にGPSを利用した動態管理システムも一緒に導入されました。このためオペレーターのPC画面上の地図に生コン車の位置がリアルタイムで見えるようになりました。

システム構成




生コンの業務におけるスマートウェーブのIP無線システムの導入効果を、以下の3点で解説します。

生コン車と確実に通話できる

IP無線機であれば生コン車と確実に通話ができるので、生コン工場は現場の最新の情報を得ることができるようになります。「生コン工場のオペレーターは、現場の生コン打設状況や生コンの過不足の状態を把握できます。これにより、次の生コン車を手配する。次の生コンを練る。お客様に次の予定を連絡する。ができるようになりました。」(垣内 様)
不感地帯が解消されたことで業務の効率化が進み、また顧客からの期待に迅速に応えることもできるようになったそうです。

生コン車の情報は迅速に生産管理者に伝えられる

全ての生コン車の位置をリアルタイム把握

「生コン車が帰ってくるのが地図上で見えるから、次の生コンを練る準備も適確なタイミングできるのです。」(垣内 様)このように、動態管理システムの導入で生コン工場の業務効率の向上も実現できました。
さらに4分割表示で4つの現場を一度に把握できる機能もあるため、「ある現場に生コン車が多すぎたら、別の現場に生コン車を向かわせるような調整も容易にできるようになりました」(垣内 様)
また、生コン車のドライバーも動態管理の恩恵を受けることができているとのことです。「ドライバーには、『困ったら車を止めて連絡を入れろ』と徹底しています。」(垣内 様) 生コン車が地図上に見えているので、初めての現場に向かう場合でも工場から安心して誘導してもらうことが出来るからです。このように、安全運転に寄与すると共にムダの無い運行を行うことができるようになったそうです。

生コン車の位置を地図上で把握する4分割画面で複数現場の把握も可能

簡単切替で共販の通話も円滑に可能

スマートウェーブのIP無線機SV-1000は、組合の他事業者の生コン車とも簡単な切り替え操作だけで通話ができる機能があります。
「簡単な操作で切り替えができてとても便利です」(垣内 様)と好評です。
さらに、この切り替え操作だけで、通話のみならず動態管理も切り替えられ他企業の生コン車も地図上に表示されできるようになります。他社の生コン車も確実に現場に誘導できると言います。
「組合の仲間同士で、各社の生コン車を効率的に使うことができています。また、大雨災害で組合の仲間の工場が罹災した際にも、当社の工場が円滑にリカバーすることができました。」(垣内 様)
組合としてこの無線機を選んだ効果を、効率化のみならず事業継続性の向上の観点からも垣内 様は実感されています。

取材中も他社の生コン車が行き交う

また、以前の無線機では圏外となるエリアも多くあったため、補足的に携帯電話も使っていたそうですが、IP無線機の導入により携帯電話はほとんど利用する必要が無くなったそうです。

販売店のご紹介

株式会社 合田コーポレーション
スマートウェーブの動態管理システムは2分割、4分割で地図表示が行えます。複数の現場状況をリアルタイムに把握することが欠かせない生コン業には欠かせない機能です。他メーカーには無いこの特長は、多くのお客様に好評です。
株式会社 合田コーポレーション
営業開発部長 兼 NS事業部長
取締役 渡邉大輔 様

ご採用商品紹介

類似事例のご紹介(生コン)

  • 株式会社桑原コンクリート工業様

    生コンクリートは時間との勝負
    生コン配送現場まで車両の安全面とお客様への安心感をGPS無線機で実現

    福島情報機器(株)様の
    事例紹介ページ
  • 川崎宇部生コンクリート株式会社様

    お客様にタイムリーな情報伝えることで、建設工事の円滑な進捗に貢献

    詳細
  • 下呂生コンクリート株式会社様

    見える化とコミュニケーション向上で業務の効率化に成功

    詳細