トム通信工業株式会社
スマートウェーブ・テレコミュニケーションズ社

観光バス(貸切バス)の安全で円滑な運行サポートするIP無線機

観光バスの運行での導入効果

【現在の課題】
従来の無線機を観光バスで運用した場合、山間部や都市高層ビル群などでは、不感地帯が発生することも多く、また、駅ビル構内等の乗車エリアや高速道路トンネルなどでも通信不能となるエリアもありました。
また、顧客(旅行会社や送迎先のホテルなど)からの問合せや、急なスケジュール変更の要請が寄せられた際には、運行管理者はバスの位置や状態を把握するために、各乗務員に通話による問合せを都度行わなければならず、顧客への返答や、スケジュール変更の調整には時間を必要としました。

不感地帯の解消

IP無線機(SV-1000)の導入により、NTTドコモの携帯電話(LTE/3G)が通じるエリアであれば全国どこでも通信が可能となります。観光客の訪問先は、携帯電話の通信エリアとも重なるため、IP無線機ならば不感地帯はほぼ解消されます。

全国で安定的に通話が可能です。
ご利用可能なエリアを表示します。
(クリックすると外部サイトへのリンクが開きます)

バスの位置と状態をリアルタイムに把握

GPSを利用した動態管理システム(iGPS7plus)も導入することで、バスの位置が運行管理者のPC画面の地図上にリアルタイム(15秒毎に更新、及び、通話の都度)に表示されます。このため、運行管理者は乗務員に問合せを行わなくてもバスの現在位置や状態を把握できます。
運行管理者はバスの位置が把握できているので、顧客(旅行会社や送迎先のホテルなど)からの問合せや、急なスケジュール変更の要請にも、迅速な対応や相談が可能となります。きめ細やかな対応ができることで顧客からの信頼も深まります。
動態管理システム(iGPS7plus)は、バスの現在位置から目的地へのルート検索が、車種に応じた通行区分の規定を反映した検索も可能です。急なスケジュール変更時に運行管理者をサポートできます。

多彩な画面表示で効率的な運行管理をサポート
クリックすると詳細説明ページを開きます

安全性の向上

バスジャックの発生などの非常時に、SV-1000に接続された緊急連絡スイッチを乗務員が押すことで、運行管理者のPC画面に表示と音で緊急事態の発生を伝えることが可能です。なお非常時には短時間のサイクルで位置情報を発信するため、さらに精度の高い動態管理が行えます。
また、動態管理システム(iGPS7plus)は、バスの走行履歴を蓄積できるため、労務管理や安全管理の上でも有効となります。履歴は1年以上の蓄積が可能です。

緊急モニタ表示
緊急状態を上げたIP無線機の現在地を5秒毎で追跡
音声モニター機能で秘密裏に音声受信も可能
(クリックで拡大します)

お客様の声の例

  • 携帯電話でバスの乗務員の呼び出しを行っていた時は、状況の把握に時間がかかっていた。IP無線機と動態管理システムの導入により、バスが全国どこにいても状況が把握ができるようになった。
  • 乗務員に電話で状況を問い合せる必要が大幅に減ったため、乗務員は運転に集中できるようになった。バスの戻り時間も地図表示を見れば予想がつくので、整備も無駄のない準備ができるようになった。
  • スマートウェーブの動態管理システムの地図は、観光バスでは馴染みのあるスーパーマップルの地図なので見やすい。

ご採用事例のご紹介

  • 都営バス(東京都交通局)

    バスの位置・運行状況をリアルタイムに「見える化」

    詳細
  • 吉田観光株式会社様

    バスの最新状況をリアルタイムに把握

    詳細
  • 山谷観光バス株式会社様

    お客様の信頼に応えるバスの位置・運行状況「見える化」

    詳細
  • 合資会社協栄タクシー様

    通信エリアの拡大で、お客様満足度の向上と効率アップ!

    詳細